ソーシャルゲームの継続率を高めるためにすること

継続率の重要性

なぜ「新規継続率」がソーシャルゲームでは重要なのか。

まずユーザーは、本格的にプレイする気持ちを持った状態で始めようとはしません。
しかも今は無料でプレイできるソーシャルゲームが多いため、家庭用のゲーム機とは違い、「元を取らなければいけない」という思いが生まれません。

そのためユーザーは、つまらないと感じたら平気で辞めてしまうのです。

また、小さな不具合だったとしても、それがきっかけで離脱してしまうこともあります。こういった背景から、ゲームをリリースしたら、まずは継続率を重視して運用していくことが大事だと思われます。

継続率を上げるための施策

継続率というものは、ユーザーがゲームをインストールした日の翌日も、ゲームにアクセスすることで計算されます。

これが3日、4日と続いていけば、それが継続率になります。継続率を上げる方法としては、以下のような方法があります。

・毎日のログインボーナス
・ミッション(クエスト)
・曜日別イベント

上記を活用することで継続率を変化させることが可能となり、特にログインボーナスに関しては、今多くのゲームで活用されています。

また、人気アプリの継続率はとても高い数値を出しています。
継続率の基本値はおよそ40%と言われているため、40%を切らないよう、即座に継続率を高める施策を打ったほうがいいでしょう。

継続率を見る際の落とし穴

ユーザー目線で分析すると、よくあるのが、ログインボーナスだけを貰って終了のパターン。
これが意外と多く、継続率の数字だけを見ていると、見えない部分なのです。

このような、ログインのみでゲームをプレイしないユーザーは、アイテムも購入しないことが多く、やがてゲームにログインすることも辞めてしまいます。
そういったユーザーを見極める方法は下記のとおりです。

・ユーザーIDごとに最終離脱ページのチェックをする
・セッション時間を見る

セッション時間を取るのは難しいので、離脱されたページをチェックするほうが簡単だと思います。
最後に離脱したページがログインボーナスのページであれば、たとえ継続してログインしていても、ゲームを遊ばないユーザーだと判断できます。
このユーザー数を引いた数が正しい継続者数となり、継続率を正確に分析することができるのではないでしょうか。

実はカスタマーサポートも継続率に関係している

カスタマーサポートは、ゲームを作っている開発チームよりも誰よりも、ユーザーに一番近い距離にいます。
1対1でやり取りするため、間近でユーザーの声を聞くことができます。

そのため、離れていきそうなユーザーに対しても、ご案内一つで継続的に利用してもらうことも可能なのです。

カスタマーサポートの重要性については、こちらの記事をお読みください。

[kanren postid=11]

カスタマーサポートは、ユーザーの疑問点を解決するだけではなく、適切な距離を保ちながらコミュニケーションを図って、ファンの育成をおこなうこともできるのです。

こういったことから、カスタマーサポートもゲームの継続率に貢献していると言えるでしょう。